OKおばあちゃん | 女性の何でも屋・便利屋さんならクライアントパートナーズ東京本店へ

クライアントパートナーズ 女性スタッフだけの便利屋
東京本店 (電話受付9時〜22時)
タッチでお電話できます。お気軽にお電話ください。

OKおばあちゃん

クライアントパートナーズには60歳以上のシニア部門があります。

弊社は、設立当初より高齢者の雇用の受け皿になる事を目標として参りましたが、やっと3年前に『OKおばあちゃん』という名前をのシニア部門を立ち上げることが出来ました。

仕事は何のためにするのでしょう?
まずは生活をするため。
日々の糧を得るために働くのはもちろんですが、仕事は自分を高め、世の中に役立つという役割があります。
60歳を超えて、生活のために仕事をしたいと思っているにも関わらず、年齢的な事もあり、思うように仕事が得られなくて、不安を抱えておられる方も多くいらっしゃるでしょう。

また、その一方で、今まで家族を養い、一生懸命働いてきた人々が、「これからの人生は、自己の満足を追求しようか?世の中の役に立とうか?」と残りの人生の過ごし方を模索し始めているように感じます。人は、世の中の役に立っことで必要とされ、己の存在意義を求める生き物です。一番尊い仕事は困った人を助けることではないでしょうか?
私は高齢社会は嘆くような事では無いと考えています。

姥捨山の昔話をご存知でしょうか?

年老いた者は口減らしのために山に捨てろ、という御布令が出たものの、どうしても母親を捨てられなかった息子は、こっそり母を家に隠して暮らしていました。ある時、藩が存亡の危機にたたされます。そのとき、知恵を出して危機を救ったのは、邪魔者扱いされた老婆だったというお話です。
長く生きたからこそ蓄積された知恵は、社会の宝です。
私は、現代社会は昔話の姥捨山と同じだと感じております。

知恵や経験のある年配の方が大勢いる世界は素晴らしい世の中と言えるのではないでしょうか?

その理念に基づき、弊社には、豊富な経験や知恵を持つ「おばあちゃん」たちが在籍しています。「おばあちゃん」は単に年を重ねた老人ではありません。生活の知恵があり、人情の機微に通じているので、人を癒す力も持っています。学ぶことが沢山あるとても貴重な存在です。
私たちは、 高齢者がその経験を社会に生かし、年をとっても不安を感じないで生活していけるように、その雇用の受け皿になる事を大きな目標の一つとしています。


Page Top