不用品の処分と部屋の掃除を手伝って欲しい | 女性スタッフだけの便利屋「クライアントパートナーズ」

不用品の処分と部屋の掃除を手伝って欲しい | 女性の何でも屋・便利屋さんならクライアントパートナーズ東京本店へ

クライアントパートナーズ 東京本店 女性スタッフだけの便利屋
東京本店 (電話受付9時〜22時)
タッチでお電話できます。お気軽にお電話ください。

不用品の処分と部屋の掃除を手伝って欲しい

引っ越してから忙しくて片付けられなくて、不用品の処分と部屋の掃除を手伝ってもらいました。2時間で不用品の山だった部屋はすっきりし、私の心もスッキリしました。

(東京都新宿区・20代女性)

不用品の処分をご依頼されたお客様の声

転勤になってから仕事が忙しくなって家の掃除ができなくなってしまいました。急に転勤が決まったもので、必要なものと不用品の分別もできないまま引っ越しになってしまいました。

家にいなくても生活ゴミや不用品はどんどん溜まっていくし、処分したくてもできない。段ボールも片付かないまま。休日は家で寝ているだけ、一人だと家事をやる気力も残っていません。ここはもう業者の力を借りようと東京の便利屋さんにお願いすることにしました。家事代行の業者さんを探していたら、女性スタッフの方だけというので安心して頼めるかなと思いました。

早速私が1日休みの日に2時間お願いすることにしました。来てくれたのは私の母と同い年くらいの優しい感じの方。もっと清掃の業者さんみたいな人をイメージしていたけど全然業者っぽくなくて親しみやすい感じの方が来てくれたから安心しました。

「快適に過ごせるように綺麗にしますね!不用品は全部処分しちゃいましょ!」と明るく言ってくれました。業者さんを呼ぶのって抵抗があったけど、処分するぞ!って気合の入った人がいてくれるとこちらも気合が入ってどんどん片付くんですね。処分すると決めると結構な量の不用品が出て来ました。

この際だから使っていないものは全部処分してしまおうと弾みがついて、いいペースで不用品を処分することができました。なかを確認すると段ボールそのまま1つ不用品というのもあって、部屋の邪魔にしかなっていなかったんだと思いました。もっと早く業者さんの助けを借りればよかったです。2時間で不用品の山だった部屋はすっきりし、私の心もスッキリしました。

Page Top