about | 女性スタッフだけの便利屋「クライアントパートナーズ」

about | 女性の何でも屋・便利屋さんならクライアントパートナーズ東京本店へ

クライアントパートナーズ 東京本店 女性スタッフだけの便利屋
東京本店 (電話受付9時〜22時)
タッチでお電話できます。お気軽にお電話ください。

女性活躍企業について

人口減少社会で、女性や高齢者の労働力を活用していく事は現代の日本の急務です。 政府が女性の社会進出を後押しするために「女性活躍企業」を認定するなどの動きも、今話題になっています。

日本で女性の社会進出を考えた場合、社会の仕組み、法案を変えるより、まず一番に変えるべきは女性自身の意識ではないでしょうか? 男女平等の政策により、地位や立場を与えられるのではなく、女性がその手で勝ちとっていくのです。

女性は子供を産んで育てる役割を担うことが多いため、社会進出という面ではハンデがあります。 ですから短時間で効率よく働いて、男性と張り合うものではなく、女性の強みを活かし、新しい市場を作っていく必要があると考えています。
便利屋クライアントパートナーズのスタッフ
昔は、男性は外で仕事をし、女性は子供を産み育てるものだという考えがありました。 女性の社会進出が進まないのは、女性自身がまだその考えに甘んじている事に大きな原因があるのではないでしょうか。女性が社会で活躍するためには、自助努力こそが大切です。

天は自らを助けるものを助けます。 女性は今こそ自らを高めていかないといけません。それには実学に基づいた、より社会性の高い考えを取り入れていく必要があります。

私たちがサポートする精神的な分野は、女性に適しています、それこそが今の日本に不足しているものであります。私たちは女性の強みを活かした新しい市場をこれからも作って行きたいと考えています。 社会は今、女性の力を必要としているのです。潜在的に眠っている力を掘り起こすために、私たちはこれからも尽力して参ります。


代表からのメッセージ

人々が互いに助け合う世の中になり、一人も孤独な人がいなくなるように。それが私たちの大きな夢です。



人間にとって、孤独は最も恐ろしく辛いものです。心が凍え、体温も下がります。
人が人と向かい合い、相手に好感を持ったときには、「共感」と「同調」という感情が芽生えます。
「共感」とは相手の立場に立ってものを考える事。「同調」とは相手に合わせる事。「同調」はさほど難しくありませんが、心からの「共感」は大変難しい事です。また心のふれ合いは「理解」から生まれます。
自分は相手にどう思われているのだろうと、人目を必要以上に気にしすぎて生きていると自分自身を見失います。本来の自分を偽って生きていくと、孤独になり、なにごとにも億劫になってしまいます。
私たちは、お客様の心に寄り添い、共感出来るように、孤独に悩む人たちのお役に立てるように、努力して参ります。それが私たちの存在意義だと思っております。
日本には「和をもって尊しとなす」という思想が根本にあり、自分さえよければそれでいいという個人主義の国ではありません。
お客様と私たちのが「共感」と「理解」でつながったとき、孤独は、ゆるやかに癒されていくと信じています。


そもそもなぜ便利屋をやっているのか?という質問をよく受けます。



6年ほど前に私が起業しようとした時、お金も物も人脈も何もなく本当に一からのスタートでした。
私は、自分が何をしたらいいのかよく分かっていませんでしたし、知識もさほどなくて、出来る事はあまりありませんでした。
けれど、悩んでいるうちに、「何もないのであれば、自分の出来る事は何でもやってみよう!」と思いつきました。
何の力もない弱い自分が、その時に気づいたのは、「助け合うことこそが力だ」という事でした。助け合っている人たちは皆、力強く生きているように思えました。
それまでの自分を振り返ると、「まずは自分が満たされてから、それからでないと人に与える事は出来ないのだ」と考え、助け合うことは二の次になっていた事に気がついたのです。
国や家族、自治体や友人、知人にも頼れない時代です。自分を含めた弱い人こそ、分け与える、支え合う事が大切なのだ。弱いからこそ助け合うべきなのだと強く思いました。


最も大事なのは、人の役に立つ事。大したことが出来ないのであれば、人の嫌がる事を何でも進んでやること。だから「何でも屋・便利屋」それを自らが、実践していこうと思いました。



行き過ぎた個人主義の為に、言いたい事が言えない人、八方美人で誰にでも良い顔をする人、薬物を含めた依存症におちいる人がいます。
人目がひどく気になるのはなぜでしょう。たいした理由もないのに人を怖がったり、嫌いになるのはなぜでしょう。求めて得られない怒り、これは何が原因でしょうか。
人や物事に執着し、離れられないのはなぜでしょうか。どれもみな、人の心をむしばみます。

日本は、戦後、物の豊かさを追求してきました。いわゆる高度成長期には、物があふれていることが幸せで、家が1件より3件の方が3倍幸せだという考え方がありました。まるで心を置き去りにしてきたかのように、物質を多く持つことに執着し、そのために働いてきたように思います。その結果、日本に多くの未成熟な大人が増えました。心の成長より、偏差値や所有物で人の価値をはかり、豊かさの指標にしてきたせいではないでしょうか。物質的に豊かな国であっても、精神面は貧しく、満たされていないように感じます。

孤独や苦しみを抱えている人が多くいる。
その悩みをサポートして、変えていく。それがクライアントアートナーズを立ち上げた理由の一つです。
ロボット教育や、ゆとり教育の弊害など、教育の場でも様々な問題がありますが、クライアントパートナーズでは仕事の能力の向上だけではなく、むしろ人生を生き抜く能力の向上に重きを置いています。

そのためには、自らを知る事、心を高めて、利己的から利他的になることが大切です。
人からいい人と思われたくて、「いい人」=「(都合の)いい存在」になってはいけません。
心を清らかにするためには、「ふり」をするのではなく、心の底から人の為になりたいと思えるような教育が必要だと考えています。
人間は感情付きのロボットではなく、精神性のある・心がある生き物です。

本当の豊かさとは、物があふれていることではなく、満たされた心の事ではないでしょうか。



私たちの仕事は「隙間ビジネス」・「心の隙間を埋める女性たち」と形容されることがあります。けれど私は、「隙間」ではなく、戦後日本人に空いた心の穴はあまりにも大きく、国全体を覆うほどだったと思っています。私たちが埋めようとしているのは、その巨大ともいえる穴です。
日本は昔は、人との絆や精神性を大切にしていた社会でした。大仰な表現になるかもしれませんが、私たちはその豊かな精神性をとりもどすために、この仕事を通して一石を投じました。忘れられてしまった大切なものに、気づくきっかけになれたら幸いです。

今、国や政治に不満、不安を感じている方も多いかと思いますが、私たちは国に何をしてもらえるかを考えるのではなく、私たちが国のために何が出来るかを考えていく時期が来ているのではないでしょうか。



どこにも頼れない厳しい状況になりつつある現代、一人一人が、問題と向かい合い、行動していく時期が来ているのだと思います。そのためにも、クライアントパートナーズは様々な問題に、真摯に取り組んでいきます。
「行動に勝る言葉はない」そう思っています。
私たちは人々が互いに助け合い、確かな絆で結ばれる良き社会の実現をめざして、その日まで全力でサポートさせて頂きます!

代表取締役 安倍真紀

ヴィジョン(展望)

高齢化社会が問題視される昨今ですが、私たちは、高齢化社会とは沢山の経験や知恵を持つ方が大勢いる素晴らしい社会、ととらえています。

高齢者=経験者として、その豊かな経験や様々な苦難を乗り越えてきた優しさを、便利屋という仕事を通じ生かせる様に、そしてさらに多方面から社会に生かしてもらえる様にしていく事が、私たちの最終的な目標の一つです。

また、若い世代の人たちの人材育成に力を注ぎ、彼女たちが学びチャレンジできる場所をつくり、起業の後押しをしていきたいと考えています。

そして、子供を持つ女性のために、母子が離れずに働けるような環境づくりにチャレンジしていこうと思っております。

私たちは与えてもらうのではなく、自らが力をつけて役に立つ存在になることを目指しています。
女性の社会進出をサポートし、皆様のお役に立てられる様、力強く、けれどしなやかに歩んでいこうと思っています。


OKおばあちゃん(便利屋シニア部門)

クライアントパートナーズには60歳以上のシニア部門があります。

弊社は、設立当初より高齢者の雇用の受け皿になる事を目標として参りましたが、やっと3年前に『OKおばあちゃん』という名前をのシニア部門を立ち上げることが出来ました。

仕事は何のためにするのでしょう?
まずは生活をするため。
日々の糧を得るために働くのはもちろんですが、仕事は自分を高め、世の中に役立つという役割があります。
60歳を超えて、生活のために仕事をしたいと思っているにも関わらず、年齢的な事もあり、思うように仕事が得られなくて、不安を抱えておられる方も多くいらっしゃるでしょう。

また、その一方で、今まで家族を養い、一生懸命働いてきた人々が、「これからの人生は、自己の満足を追求しようか?世の中の役に立とうか?」と残りの人生の過ごし方を模索し始めているように感じます。人は、世の中の役に立っことで必要とされ、己の存在意義を求める生き物です。一番尊い仕事は困った人を助けることではないでしょうか?
私は高齢社会は嘆くような事では無いと考えています。

姥捨山の昔話をご存知でしょうか?

年老いた者は口減らしのために山に捨てろ、という御布令が出たものの、どうしても母親を捨てられなかった息子は、こっそり母を家に隠して暮らしていました。ある時、藩が存亡の危機にたたされます。そのとき、知恵を出して危機を救ったのは、邪魔者扱いされた老婆だったというお話です。
長く生きたからこそ蓄積された知恵は、社会の宝です。
私は、現代社会は昔話の姥捨山と同じだと感じております。

知恵や経験のある年配の方が大勢いる世界は素晴らしい世の中と言えるのではないでしょうか?

その理念に基づき、弊社には、豊富な経験や知恵を持つ「おばあちゃん」たちが在籍しています。「おばあちゃん」は単に年を重ねた老人ではありません。生活の知恵があり、人情の機微に通じているので、人を癒す力も持っています。学ぶことが沢山あるとても貴重な存在です。
私たちは、 高齢者がその経験を社会に生かし、年をとっても不安を感じないで生活していけるように、その雇用の受け皿になる事を大きな目標の一つとしています。


【スタッフ登録ご希望の方へ〜必ずお読みください〜】
返信は書類選考にて合格者の方のみご連絡させていただいております。また、応募多数のため、
お時間をいただくこともありますので、何卒ご了承の上で、ご応募いただけますようお願い申し上げます。
 

レンタル家族・レンタルファミリー

レンタル家族・レンタルファミリーとは


「レンタル家族・レンタルファミリー(※)」と聞いてどういうイメージをお持ちになりますか?
「家族もレンタルできる便利な時代になったのか」と思われますか。それとも「そんな寂しい時代になったのか、嘆かわしい」と感じるでしょうか。

※「レンタル家族」「レンタルファミリー」は株式会社クライアントパートナーズの登録商標です。
(登録番号第5777526号)(登録番号5859296号)

「レンタル家族」「レンタルファミリー」は、1時間あたりいくら、という形でご家族の代役や、家族のように話し相手になる、などというご依頼をお受けしています。

私たちクライアントパートナーズは、本来の家族の繋がり、家庭が愛情を育む場であることをもっと実感してもらえるようになればと心から願っています。その手助けをするのが、レンタル家族・レンタルファミリーの役割なのです。

現代社会における人間関係


現代は、インターネットやSNSの普及により、顔を見なくても、声を聞かなくても、やりとりが迅速かつ簡単にできる時代です。しかし、その利便性ゆえに人と人との結びつきが希薄になっています。

ご近所付き合いのような地域間のコミュニティーは極めて少なくなりました。プライベートと仕事は切り離したいという考え方も増え、会社の同僚や上司と私生活で交流することも少ないようです。

さらに家族の関係性においても、結びつきは弱くなっています。家に家族が揃っていても食卓を囲むことはなく自室で各々一人で食事をしたり、誰かが困っていても見て見ぬフリをしたり、まるで一人で生きているかのようです。 けれども、その状態を皆が好んでいて、楽しんでいるという訳ではないと感じています。

レンタル家族・レンタルファミリーを依頼する理由


レンタルファミリーを依頼いただくに至った経緯を伺う際に、本当の家族には言えない、相談できないことを解決するために、レンタル家族を依頼するという方も少なくありません。

また、本当の家族とは仲良くないからせめてレンタル家族とは楽しく過ごしたいというお声もあります。もちろん実際のご家族がすでに亡くなっていたり、何らかの事情で連絡が取れない場合もあると思います。

しかし、一番悲しいのは家族が存在しているのに、頼りにできなかったり、相談できなかったりすることではないでしょうか。

家族は、生き物が生まれてから一番最初に属するコミュニティーです。そこに属するのは、生きて行くのに助け合うためです。家族はなにものにも代えがたい存在であり、この世で最も大切なものの一つだと思います。

けれど家族同士でいがみ合い憎しみあいっている家族もいれば、お互いに理解がなく無関心な家族もいて、彼らは助け合いとは程遠い状態にあります。

困った時に助け合える社会の実現を目指して


困ったとき、誰に助けを求めていいのかわからなくなったとき、家族のように手を差し伸べられる存在になりたいと思いレンタル家族・レンタルファミリーを作りました。レンタル家族・レンタルファミリーを通して、本来家族の持つ「助け合う」という機能を感じてほしいと思ったからです。

家族や学校における教育の変化と問題点


このように家族で助け合うという認識が薄くなってしまったのには、高度経済成長期の働き方と、教育の変化に原因があったのではないかと思います。

高度経済成長期、どんどん景気が良くなるなかで、日本の大人たちは仕事に邁進していました。経済の発展と引き換えに、家庭で過ごす時間が少なくなり、愛情を注ぐことはもちろん、昔の日本人が強く意識した道理や道徳などの教育を子供に施す余裕がなくなってしまったのかもしれません。

また、学校教育も道徳の授業などが削られていき、偏差値教育が主流になりました。心のつながりや思いやり、愛情というものを肌で実感したり、学ぶ機会がどんどん少なくなっていったように思います。

学校の成績だけで優劣をつけられた子供たちは、その物差しで自分の限界に見切りをつけ、頑張る前から努力しなくなったり、できなかったら格好悪いとチャレンジすることを諦めてしまうなど、夢をみる瞳を失ってしまいました。

「今はできないけれど、頑張ればできるようになる」ためには忍耐力が必要です。忍耐力の根底には幼い時にしっかりと愛情を受けたことが非常に大きく関係しています。愛情の希薄な家庭で育った子供は、できない自分に価値を感じることができず、頑張れないのです。

愛されることに飢えている日本人


マザーテレサはこんなことを言っています。

「愛は家庭からうまれます。家庭の祈りから生まれます。」
「インドでは食べ物で飢えている人が多い、日本ではもっと深刻な飢えで苦しんでいる。愛情に飢えている」


幼少期に家庭で愛情を受けたか否かで、その人がその後の人生で自分を含む全ての人に愛情を注げるかどうかが決まってきます。愛されることに飢えている人が多いということは、【愛されなかった人が子供産み、育てるものの子供を愛することができず、愛情を受けずに育ったその子供もまた人を愛することができず成長してゆく】という愛情飢餓の負の連鎖を起こしてしまっているのではないでしょうか。

人とのふれあいによって得られる精神的な豊かさを求めて


子供の頃に満たされなかった無条件の愛情を大人になっても求め続け、精神年齢が「子供」のままで止まっている大人が日本には大勢います。

一方で、社会の中で大人と同じストレスを抱えながら懸命に生きている子供、苦しんでいる子供たちも沢山いると感じます。 大人になる過程において、人には安全地帯が必要です。

安全地帯とは心からくつろげる場所、本音で話ができる場所、自分を丸ごと受け入れてもらうことで、前へ進める場所です。

あなた様がレンタル家族・レンタルファミリーとの心のふれあいによって、ご自身の価値を信じることができ、精神的な豊かさを感じられるお手伝いが出来ればこんなに嬉しいことはありません。

(補足)私たちは家庭を守るためのご依頼はお手伝いいたしますが、いかなる理由があろうと、家庭を壊すようなご依頼は一切お引き受けしておりません。

レンタル家族・レンタルファミリーのご依頼例とお客様のお声

娘が遠くに住んでいて体調が悪いから心配なので、レンタル家族のお母さんとして、娘の家へ行き元気がつく家庭料理をつくって食べさせてほしい。

(50代女性)

レンタル家族・レンタルファミリーをご依頼をされたお客様の声

東京にいる娘の様子が心配で、様子を見てきて欲しいのと、料理を作って元気付けてやってくださいとお願いしました。娘は就職を機に家族と離れ東京で暮らしいて仕事も忙しいようで心配なのですが、何せ片道3時間かかるのでそんなに頻繁に会いにも行けません。何かできることはないかと思っていたら、テレビで東京の便利屋さんがレンタル家族というものをやっていると拝見しました。

母親の私の代わりに娘の様子を見てきてもらって、娘に元気のでる料理を作っていただくことにしました。娘は抱え込んでしまう性格なので、私と同年代くらいで、聞き上手な方をとリクエストしました。

レンタル家族を担当してくれた〇〇さんはとてもよくしてくださったそうで、娘から「レンタル家族のお母さんの方が優しかった」と言われてしまいました。私が行くと、なんだかんだ小言も行ってしまうので・・・少し反省しています。娘の好きな筑前煮と卵焼きを作ってくださり、美味しかったと喜んでいました。終わってから〇〇さんから電話で娘の様子を聞かせてもらいました。

心配をかけたくないからお母さんには弱音を言わないようにしていると言っていたようです。娘なりに頑張っているようなので、これからも私が直接手を貸さない形で、応援してあげられたらと思います。この度はありがとうございました。東京のレンタルお母さん、また是非よろしくお願いします。

夏休みで子供たちが実家までいくので、子供たちと一緒に家族のような感じでレンタルファミリーをお願いしたい。

(30代男性)

レンタル家族・レンタルファミリーをご依頼をされたお客様の声

レンタルファミリーをお願いするってどうなのかと思ったのですが、テレビでみて「これもありなのかな」と思いお電話しました。実家までは電車を何本か乗り継ぎ、片道2時間ちょっとかかりますので、子供たちだけで行かせるのは心配でした。仕事の都合で私たちが一緒に行くことができなかったのでお願いすることにしました。

私も妻も仕事が忙しく家にいないことが多く、日頃から子供たちには寂しい思いをさせてしまっています。せめて夏休みくらいはと思ったのですが、私は長期出張、妻も後から子供たちと合流する形になってしまいました。レンタルファミリーさんには、子供たちを実家まで連れて行き、向こうでも少し遊んでもらえないかとお願いしました。

実家の父母にはレンタルファミリーさんを頼んだということは言わず、友人の娘さんに頼んで一緒に行ってもらうからと伝えていました。当日来てくださる方と仲良くなれた方がいいだろうと、事前に私と子供たちとレンタルファミリーさんと顔合わせをした後、1、2時間子供たちと交流を深めてもらう時間を設けました。

上の子は家族以外には人見知りをしてしまうのですが、楽しく遊んでくれたおかげで帰る頃にはとても仲良くなっていました。当日も道中とても楽しかったようで、子供たちはお姉ちゃんができたみたいと喜んでいました。

実家の母にもとても気に入られたようで、妻が到着した頃には「また一緒に遊びにおいで」と言われていたそうで、本当の家族のように打ち解けてくれていました。子供たちや実家の父母にもとても親切にしてくれて感謝しています。単なるシッターさんとも違うなと思いましたし、レンタルファミリーさんの良さがわかりました。お願いして本当に良かったです。

高齢で独り身になったので、人生最後の思い出に、足を伸ばして伊豆まで旅行にいってみたい。レンタル家族の人に付き添って欲しい。

(70代男性)

レンタル家族・レンタルファミリーをご依頼をされたお客様の声

妻を亡くしてから、数年何をするにも気力がなくなっていました。でも私の人生もいつ終わるかわかりません。妻が好きだった伊豆までもう一度行ってみたいと思いましたが、娘も息子も疎遠になっているし、さすがに一人では不安でした。誰か付き添ってくれないかなと探して見たら一緒に旅行に付き添ってくれるという御社を見つけました。

レンタル家族とありました。できるだけ親身になってくれるような優しい人がよかったので、家族という言葉に惹かれお願いすることにしました。娘と同い年の人が来てくれました。亡くなった妻との思い出を話しながら、ゆっくり回ることができました。

妻が好きだったお寿司屋さんで娘や息子にも話したことのなかった妻との馴れ初めを話しました。思い出話もしたかったので、本当にうれしかったです。

もう先も短いし、せめて最後に来たかったから満足だ、と行ったら「これからまだまだ元気でいてもらわなくちゃ!」と元気付けられました。娘がもう一人できたみたいです。家族が増えました。明日が来るのが楽しみになりました。

認知症の母親が、3ヶ月前までは笑顔があったが今は寂しそうなので、レンタル家族の人に話し相手になってあげてほしい。

(60代女性)

レンタル家族・レンタルファミリーをご依頼をされたお客様の声

同居している認知症の母の話し相手になってほしくてお願いしました。認知症になってからも割とニコニコしている人だったのですが、最近暗くふさぎ込んでいる時間も増えて来ました。月に1、2回来てくれる訪問介護に来てくださる方には少し口を聞くくらいですが、明らかに元気が無くなって来て心配になりました。

何か良い方法はないかなと考えていたところ、レンタル家族というものがあると知りました。あまりよくわかっていなかったのですが、ネットで依頼例を拝見したら、話し相手になるだけじゃなく介助や見守りっぽいことも頼めばやってくれるんだなと思ったので頼んでみることにしました。

頼んだ方の感想を読んでいると優しい方が来てくれるというのが多かったので、それに加えて認知症に理解のある方をお願いしたいと伝えました。レンタル家族のスタッフさんで来てくださったのはご自身も亡くなったお母さんが認知症で、介護生活が長かったという方でしたので、さすが聞き上手でした。

母も最初はいつも通り沈んだ感じだったのですが、話しかけてもらううちに気分が明るくなって来たようで、久しぶりに楽しそうにしている母を見ました。レンタル家族の方が最近元気がない理由を聞いてくださると、お姉ちゃん(長女)が来てくれないのが寂しいといっていたようです。

私と姉が折り合いがあまり良くないため、姉は滅多に母に会いには来ません。レンタル家族の方のことをたまに「お姉ちゃん?来てくれたの?」いっていましたから、私たち姉妹が仲良くないのが辛いんだろうなと考えさせられました。

レンタル家族の方は、最後は私の愚痴も少し聞いてくれました。同じように認知症の介護経験のある方にしかわかってもらえない話もできて、私もスッキリしました。介護生活の経験や、今後母との接し方など教えてもらえることも多くて楽になりました。

介護が長くなってくると、今までできていたことができなくなってくる母に対してイラついてしまったりすることもあったので、ありがたかったです。母も私も助かりました。ありがとうございました。

病気でふせっている祖母に婚約者を紹介するといってしまった。レンタルファミリーで婚約者として、祖母にあってほしい。

(20代男性)

レンタル家族・レンタルファミリーをご依頼をされたお客様の声

小さい頃から可愛がってくれた祖母が病気で入院しています。余命いくばくもないと言われてしまい、日に日に弱っていくのが目に見えてわかりました。

数年前から「あなたの結婚を見届けられないのが心残りだ、いい人はいないの?」としきりに言われていて、先日とっさに結婚を前提に付き合っている人ができた、といってしまいました。実際おつきあいしている人もいないし、頼める当てもなかったので、東京の便利屋さんにレンタルファミリーというのがあると知って婚約者役をお願いしました。

祖母は話をするのが好きなので、レンタルファミリーの方には、優しくて癒し系の女性に来てもらいたいと伝えました。祖母に会う前に事前に一度打ち合わせをさせていただきました。とても可愛らしくほんわかした雰囲気の方が担当してくださることになり、安心しました。

婚約者として祖母と話すときに、不自然にならないように出会った経緯や、プロフィールなど詳細を決めました。対面をしたときに、祖母は「こんな素敵な人がお嫁さんに来てくれることになるなんて嬉しい」と大喜びでした。婚約者役の方も祖母を優しく気遣ってくれて、祖母は何度も「本当によかった、これで安心だ」と安堵していました。

両親が忙しく家族がほとんど家にいなかったため、私は祖母に育てられたようなものでした。自分が病気になってまで私の心配をしてくれた祖母を、安心させてあげられて本当に良かったと思います。レンタルファミリーを引き受けてくださって、ありがとうございました。

父親が危篤状態にあっていつどうなるかわからない。一人ではとても看取れないので、レンタル家族の人に病院の付き添いから、お通夜、葬式まで親族として一緒に出てほしい。

(40代女性)

レンタル家族・レンタルファミリーをご依頼をされたお客様の声

親戚として父を看取るところからの立会い、お通夜、お葬式まで一緒にいてほしいと依頼しました。入院している父が危篤だと病院から連絡がありました。母はすでに亡くなっていますし兄弟もおりません。

父が亡くなったら私が喪主をつとめなければいけませんが、とてもじゃないけど一人では気持ちが追いつかず耐えられません。半ばパニックのような状態で助けを求めて、お電話しました。

電話口の方と話しているうちに、落ち着いて来て、現状を説明できるようになりました。親戚という設定で人を手配してもらえないかと聞くと、レンタル家族というものがあると教えてもらいました。すぐにレンタル家族のスタッフさんが駆けつけてくれて一緒に病院に向かいました。

父が亡くなって、放心状態の私を慰めながら、葬儀社への電話や父の友人の方や勤めていた職場の方への連絡も行ってくれました。父がいなくなったことがショックで、断片的にしか覚えていませんが、そばにいてくれるだけで心強かったです。テキパキ動いてくれていて、私が泣いている間に終えてくれていた気がします。

お通夜、お葬式も無事終わり、家に帰ってから、父の思い出話も聞いてもらいました。頼る人がいなくなってしまった私にとってはありがたい存在でした。

年配の方もいらっしゃるとのことで、今度レンタル家族で話を聞いてくれるレンタルお母さんをお願いしてみようかなと思います。本当にありがとうございました。

お歳暮を買いに行きたいのだが、自分で選ぶと毎年ワンパターンになってしまっている。レンタルファミリーで娘くらいの歳の人に来てもらって若い感覚で一緒に選んでもらいたい。

(50代男性)

レンタル家族・レンタルファミリーをご依頼をされたお客様の声

娘や息子に頼めたらいいのですが、東京や海外に住んでいるため、1年に1回帰って来るかこないかですし、物理的に無理がありました。レンタルファミリーというのを見つけて、これだと思いました。

レンタルファミリーは年齢の希望も聞いてくれるとのことでしたので、娘や息子と同年代くらいの方に来てもらって、一緒に買い物に行ってもらいました。実の娘と買い物なんてもう十数年行ってなかったので、すごく楽しかったです。

今は何が流行っているかとか、人気のお菓子は何かとか、若い方と情報交換できること自体がとても新鮮でした。新しいお店や流行りのものを取り入れた買い物ができ、満足でした。

買い物だけのつもりだったのですが、少し時間が余ったので買い物の後にカフェで楽しくお茶も付き合ってもらいました。娘や息子にも話していなかったこともついつい話してしまいました。

レンタルファミリーといっても、実の子どもたち以上に思いやってくれるのがとても嬉しく感じました。私と同じようにレンタルしたくなるくらい実の家族とうまくいってなかったりする人もいると思います。

もしかしたら、初めは抵抗があったり気恥ずかしいこともあるかもしれませんが、お願いして良かったと思えると思います。レンタルファミリー、私はオススメしたいです。

レンタル家族・レンタルファミリー料金

出張費 3,000円~+基本料金 4,000円~/1時間
※場所、時間、内容、指名などによって料金が異なります。【税別表記】

レンタル家族・レンタルファミリーよくあるご質問

Q.レンタル家族の利用時間に制限はありますか?
A.一度ご相談ください。
1日数時間から、ご旅行や出張にお付き添いも可能です。
※宿泊の場合は、お部屋を別にとっていただくことが必須です。

Q.レンタル家族でおばあちゃん役をお願いしたいのですが何歳までの方がいるのですか?
A.女子大生から最年長は80代のスタッフまで在籍しております。お困りの内容や、シチュエーションによってどのようなレンタル家族も柔軟に対応させていただきます。

Q.レンタル家族でできないことはありますか?
A.レンタル家族限定ではなく弊社では、犯罪に関わること、誹謗中傷などモラルに反すること、体に触れることや性的なサービスは行っておりませんのでご了承くださいませ。(※介助や介護などのご依頼は賜っております)

Q.明日すぐにレンタルファミリーをお願いしたいのですが、可能ですか?
A.急きょレンタルファミリーが必要になった場合でも、できる限りご要望に添えるようにいたしますので、一度ご相談ください。

Q.レンタル家族で難しい役柄をお願いしたい。事前の打ち合わせも可能ですか?
A.はい、可能です。ご希望の設定やご事情をお伺いして、依頼者様の家族としてレンタル家族が溶け込めるようお打ち合わせさせていただきます。

Q.レンタルファミリーはどこへでも一緒に行ってくれるんですか?
A.近いところから、少し足を伸ばして新幹線や飛行機に乗りたいなどご希望に添えるように致します。

Q.レンタルファミリーで英語を話せる人はいますか?
A.年齢にもよりますがレンタルファミリーは様々な経歴を持ったスタッフが所属しています。一度ご相談くださいませ。

Q.レンタル家族を初めて利用します。どんな方が来てくれるのか不安なのですが・・・
A.レンタル家族を手配する際、スタッフのご希望をお伺いすることが可能です。「明るい人がいい」「聞き上手な人がいい」などのご希望を踏まえご依頼の内容、シチュエーションに応じてレンタル家族のスタッフを手配させていただきます。

レンタルフレンド(レンタル友達・友達代行)

最近ドラマなどでも題材とされ、メディアで注目を集めている、レンタルフレンド・レンタル友達・友達代行などという言葉を、一度は耳にした事があるかもしれません。

「レンタルフレンド、レンタル友達(※)」はもともと弊社クライアントパートナーズが始めたサービスです。※「レンタルフレンド・レンタル友達」は株式会社クライアントパートナーズの登録商標です。(登録番号第5683172号・登録登録5859295号)

レンタルフレンド(レンタル友達・友達代行)とは


「レンタルフレンド、レンタル友達」と聞いて、「友達を借りて、合理的に、一人でも楽しめる」ためのサービスなのだろうとイメージをもたれる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、そうではありません。
マスコミの影響力によって言葉と誤ったイメージが一人歩きしてしまいました。

人間関係にも利便性を追求し、それを推奨するようなサービスと受け取られてしまうこともありますが、レンタルフレンド(レンタル友達・友達代行)はこの言葉のイメージとは全く違った思いから生まれたのです。

本来、友達はレンタルするものではありません。


嬉しい時はもちろんですが、困った時、辛い時気持ちを共有できる貴重な存在のはずです。けれど、最近では友達だからこそ、ピンチの時にSOSを求められないという方が増えているようです。
表面的な付き合いばかりで、なぜ本当に困った時に助けてと言えず、本音を言えない関係性を築いてしまうのでしょうか? 

続きを読む

レンタルフレンド(レンタル友達)のご依頼例とお客様のお声

インスタ映えする写真を一緒に撮って欲しい

(20代女性)

インスタ映えする写真をレンタル友達(レンタルフレンド・友達代行)にご依頼をされたお客様の声

インスタグラマーをやっていて、随時写真を更新しないといけません。写真もやっぱりインスタ映えしないといけなから、常に最新のもの、可愛いものが必須です。

「可愛い女の子の友達とオシャレなところにいますっ♫」という投稿にいいね数が伸びるのですが、いい写真を撮るのに時間がかかってしまうため、待たせるのが気が引けてしまうので自分の友達には頼めません。レンタルフレンドに頼んでまでなんで?って思われるかもしれないけど、写真撮らないといけないし、気を遣ってると集中できないんです。一番いいのは、本当の友達と一緒に撮れたらいいのもわかってるんですけど。

でもここのレンタルフレンドさんは私の友達よりもよっぽど友達っぽいので写真を撮ったあと普通に話すのもすごく楽しいです。友達には言えないこと、友達の愚痴とか、疲れちゃうとかも聞いてもらってます。これからもしばらくはお願いする予定です。

息子が引きこもってしまって誰とも口をきかない。引きこもりの理由が知りたいが話してくれないので、話し相手になってあげて欲しい

(40代女性)

引きこもりの息子さんのレンタル友達(レンタルフレンド・友達代行)をご依頼されたお客様の声

高校1年生の息子が急に部屋から出てこなくなり、私たち家族とは一切口をきかなくなりました。引きこもった原因もわからないし、話を聞こうにも教えてくれない。年の近い友達なら話も聞けるのではないかと、貴社のレンタル友達をお願いしました。

お願いしたレンタル友達の方は、息子と年齢が近い20代前半の方で、ご自身も引きこもりの経験がある方でした。

私たちには一切話さなかったのに、やはり同じ経験がある方には話しやすいのかスタッフの方に引きこもりの原因を話していました。学校で急に仲の良かった友達にいじめられ始めたのが原因だったようでした。

「お母さんに話さないのは、いじめられていると知ってがっかりされたくないから」と言っていたようです。レンタル友達のスタッフの方から、事実を知ってもお母さんはがっかりしないよと伝えていただき、息子と私が直接話をする場も設けることができました。近すぎず、遠すぎず、適度な距離感を持った第三者の方に間に入ってもらうと、うまく行くんだなと思いました。

気になる男性がクラブでバーテンダーをしている。会いに行きたいが一人ではお店に入りづらいので友達としてクラブに同行して欲しい

(30代女性)

レンタル友達(レンタルフレンド・友達代行)をご依頼されたお客様の声

レンタルフレンドをお願いしたのは友達として一緒にクラブに行ってもらいたかったからです。年甲斐もなく年下の男性を好きになってしまい、しかもその彼はクラブのバーテンをしています。滅多にそういうお店にはいかないのですが、会社の人に連れられてたまたま行ったら、気さくに話しかけてくれてすごく気になってしまいました。

また会いたいと思ったのですが、一人じゃとてもいけないし、会社の人をまた誘うわけにもいきません。でも自分の友達にはクラブに一緒に行ってくれるタイプの子もいない・・・。どうしようかと考えた結果、友達を代行してくれるレンタルフレンドにお願いしました。

私と年齢が近い方で、クラブにも抵抗がない方をお願いしました。

来てくれた方は感じが良くて本当の友達のように接してくれました。私もはじめだけ緊張していましたがすぐに慣れて、どうすれば彼と仲良くなれるかを相談もできました。何より気になる彼とも話せたし、レンタルフレンドを頼んで良かったです。

アメリカから東京に転勤になった。こちらには友達がいないので、休日に一人の時間が寂しい。友達ができるまで、話し相手になって欲しい。

(40代アメリカ人男性)

英語の話せるレンタルフレンド(レンタル友達・友達代行)をご依頼されたお客様の声

外資系の会社で働いているのですが、急に東京支社に転勤が決まりました。東京へは出張に何度かと、友達と旅行に行ったことがありましたが、現地に友達はいませんでした。

今後、日本人の友達をつくりたいな思っていたのですが、日本語もそこまで上手くは話せませんので困っていました。そんなとき日本にレンタルフレンドというサービスがあることを雑誌で知りました。

友達をレンタルするというのがイマイチピンときませんでしたが、こちらの都合がいい時間に話し相手になることも可能だとありました。

英語が堪能なスタッフの方もいるとあったので、一度レンタルさせていただきました。

来てくださったのは、20代半ばの素敵な方でした。帰国子女だそうで、英語のコミュニケーションもまったく問題なく、日本の女性のきめ細やかな気遣いと優しさにとても楽しい時間を過ごすことができました。

それ以後定期的にお願いしていて、日本語を教えてもらったりもしています。

彼女のおかげで日本人の友達もでき、東京での生活は非常に充実しています。もちろん私の日本人の友達第一号は〇〇さんだと思っています。

◯◯さん、いつもありがとう。

ライブのチケットが1枚余ってしまったので一緒に行って欲しい

(50代女性)

ライブに同行するレンタル友達(レンタルフレンド・友達代行)をご依頼されたお客様の声

友達と一緒にライブに行くはずだったのですが、急に友達が仕事になってしまいいけなくなった。急なことで別の友達も都合がつかず、行かないでおこうかとも思ったのですが、せっかく当たったチケットだから勿体ないし・・・と迷った末に一度家の掃除をお願いしたことのあったクライアントパートナーズさんに連絡してみました。そうしたらレンタルフレンドというサービスもやっていると教えてくれました。

せっかくだし一緒に盛り上がれる方がいいと思い、ライブに行くのが好きな人に来て欲しいとお願いしました。なんと来てくれた方も、そのアーティストさんの長年のファン!二人で大いに盛り上がり、とても楽しい時間を過ごすことができました。

一緒に行ってくれたスタッフさんが心から楽しんでいるのが伝わって来て私も嬉しかったです。友達と一緒に行くよりも楽しめたかもしれません。こんなこと人にお願いすることじゃないのかなと思っていたけど、楽しく過ごせて、チケットが無駄にならずに済んで良かったです。

初めて東京に旅行に行きたいのだが、一人で回るのは不安。東京のオススメのお店やお土産を教えてもらいながら、観光に付き合って欲しい

(60代男性)

観光案内をレンタルフレンド(レンタル友達・友達代行)にご依頼されたお客様の声

齢60にして初めての東京旅行を計画しました。でも知り合いもいないし、旅行のガイドブック片手に回る旅行じゃ面白くない。どうしたものかと思っていたらテレビで東京の女性だけの便利屋さんでレンタルフレンドというのが放送されていました。観光案内もしてもらえないかと思いお願いしてみたら、快諾してもらえましたので、息子と同じくらいの歳のスタッフさんをお願いしました。ガイドさんのような、お友達のような、娘がいたらこんな感じなのかなと思いながら、楽しい時間を過ごせました。

東京出身、東京在住という方だけあって、ガイドブックには載っていないお店を紹介してもらいながらもらえました。これがレンタルフレンドというものなのかぁとなかなか新鮮でしたし、私が望んだ形でした。〇〇さん、今度もまたよろしくお願いしますね。

レンタルフレンド(レンタル友達)料金

出張費 3,000円~+基本料金 4,000円~/1時間
※場所、時間、内容、指名などによって料金が異なります。【税別表記】

レンタルフレンド(レンタル友達)よくあるご質問

Q.レンタルフレンドの利用時間に制限はありますか?
A.一度ご相談ください。
1日数時間から、ご旅行や出張にお付き添いすることも可能です。
※宿泊の場合は、お部屋を別にとっていただくことが必須です。

Q.日本語が得意ではありません。レンタルフレンドをお願いしても大丈夫ですか?
A.大丈夫です。英語の堪能なスタッフが在籍しておりますので、安心してご依頼ください。

Q.レンタルフレンドには何歳くらいのスタッフさんがいるのですか?
A.女子大生から最年長は80代のスタッフまで在籍しておりますので、お困りの内容や、シチュエーションによって柔軟に対応いたします。

Q.レンタルフレンドでできないことはありますか?
A.レンタルフレンド限定ではなく弊社では、犯罪に関わること、誹謗中傷などモラルに反すること、体に触れることや性的なサービスは行っておりませんのでご了承くださいませ。(※介助や介護などのご依頼は賜っております)

Q.レンタルフレンドを明日すぐにお願いしたいが、可能ですか?
A.できる限りご要望にお答えいたしますので、一度ご相談ください。

Q.東京へ遊びに行く時にレンタルフレンドに同行して欲しいのですが、お願いできますか?
A.はい、スタッフは各地におりますので一度ご相談ください。

Q.一緒にカラオケに行くためにレンタルフレンドをお願いしたいが、可能ですか?
A.はい。盛り上げ上手なスタッフ、歌うのが得意なスタッフ、様々なスタッフが在籍しております。


Page Top